Evine's Words エビンズワーズ

ロングセラー著者であり英語塾を主宰する講師エビンの英語情報&英文法学習ブログ *叱咤激励、ご質問、ご相談など、ご自由にコメント欄に残してください。

英語が話せるようになるためのコア英文法クイズ2 冠詞

Hi, 皆さん、エビンです。

 

早速ですが、英語が話せるようになるためのコア英文法クイズ 2回目です。

今回のテーマは冠詞です。よければ過去ログもチェックしてください。

 

evine.hatenablog.com

 

ではクイズです。

 

Q. 次のフレーズを、限定の響きの「弱い」ものから順に記号(数字)で並べてみましょう。

 

  1. that client
  2. a client
  3. clients
  4. my client
  5. some clients
  6. the client

 

*名詞client(依頼人)

 

 

 

では、正解です。

 

「弱い」(3)<(5)<(2)<(6)<(1)<(4) 「強い」

(「Mr.Evineの英語塾 コア英文法」Day 15 名詞と冠詞編より)

 

いかがでしたか?

ポイントを見ておきましょう。

大きくは不特定か特定か、まずはこの区別ができるかですね。

 

不特定ニュアンス:

(3) clients(依頼人たち) …無冠詞の複数名詞

(5) some clients(何人かの依頼人たち) …some+複数名詞

(2) a client(ある1人の依頼人) …不定冠詞a+単数名詞

 

不定冠詞a/anは、不特定多数存在する名詞の中で「1つ」にくくってしまうことから、複数形やsomeを用いた場合よりも限定性は強くなります。

 

特定ニュアンス:

(6) the client(その依頼人) …定冠詞+名詞

(1) that client(あの[その]依頼人) …指示代名詞that+名詞

(4) my client(私の依頼人) …所有格の代名詞+名詞

 

定冠詞よりも「誰の」を示す所有格の代名詞の方が具体的で限定性はUPするわけですね。その中間が指示代名詞です。thatは「あの」という意味で、話し手からの心理的・物理的な距離を出したり、「その」という意味で相手の側のものを指すことができます。

 

よろしければ過去記事のクイズもご覧ください。

evine.hatenablog.com

 

 

いつも記事に関係ない画像ですみません。

最近ハマっているスパイスです。シナモンパウダー。中国原産のカシアは肝臓に負担がかかるようで、セイロンシナモンをネットで購入しました。

コーヒーに混ぜて飲んでいますが、ひとかけで完全なシナモン味になり、存在感がすごいです。元々シナモンが苦手な自分にとってはこれを振りかけると全部罰ゲームです。

健康的なメリットは抜群のようで、効果を期待して継続しています。

 

 

Thanks for reading!