エビンズワーズ

ロングセラー著者であり英語塾を主宰する講師エビンの英語情報&英文法学習ブログ *叱咤激励、ご質問、ご相談など、ご自由にコメント欄に残してください。

準動詞クイズ

Hi, みなさん、Evineです。

 

GW中でも、学校や塾での課題に忙しい学生も多いでしょうね。

それでは昨日に続き当ブログでも英文法のクイズをやってみましょう。演習は私の書籍から引用しています。

 

 

 

 

準動詞クイズ

(1) 彼女の夢はヨーロッパ中を旅することです。

Her dream (     )(      )(     ) around Europe.

 

(2) ゲーム会社に就職するのは難しいですか?

(     )(      ) difficult (     )(     )(      ) job at a video game company?

 

(3) 彼女が家の掃除を僕に頼んできました。

She asked (     )(      ) help (     )(      ) house.

 

(4) 始発のバスに乗るために、私たちは明日、早く起きます。

We’ll get up early tomorrow (     )(      ) the first bus.


(5) サーフィンのやり方を私に教えてくれませんか?

Can you teach (     )(      )(      ) surf?


(6) 私の趣味の1つは映画鑑賞です。

(     )(      ) my hobbies (     )(      ) movies.


(7) 子どもたちと外で遊ぶのは、日焼けの一番の方法だ。

Playing outside with my kids is the best way to get a tan.


(8) 外は雨が降り始めていました。

(     )(      ) starting (     )(      ) outside.


(9) 子どもたちのおむつを交換したことをまだ覚えているよ。

I still remember (     )(      ) children's diapers.


(10) そこで暮らすのも慣れるよ。

You'll get used (     )(      ) there.

 

f:id:evine:20191205225204j:plain


 

答え合わせ

(1) Her dream is to travel around Europe.

SVC文型のCに不定詞を用いたもの。不定詞は未来志向のニュアンスがあるため、主語Her dreamのニュアンスに合わせて不定詞を用いるのが自然。to travel(旅行すること)

 

(2) Is it difficult to get a job at a video game company?

It is+形容詞+to do(…することは〜だ)。不定詞部分が真主語で文頭に仮の主語Itを置いたもの。文頭に主語として不定詞を置くのは一般的ではありません。

 

(3) She asked me to help clean the house.

ask O to do(Oに…するように頼む)。

人に何かしてもらえるようお願いをする表現ですが、これからの行動=未来ニュアンスで不定詞を用いるのがぴったりな表現です。

またhelpの語法もポイントでした。不定詞のtoがたいてい省略されます。help (to) do(〜するのを助ける)

 

(4) We’ll get up early tomorrow to catch the first bus.

動作の目的を表現する不定詞to catch(〜に乗るために)です。

 

(5) Can you teach me how to surf?

teach O1 O2(O1にO2を教える)。このO2にhow to do(…する方法)を用いたものです。

*自動詞surf(サーフィンをする)

 

(6) One of my hobbies is seeing[watching] movies.

SVC文型のCに動名詞seeingを用いたものです。主語one of my hobbiesが日常的なものですから不定詞とは合いません。

one of+複数名詞(〜のうちの1つ)を主語に用いた場合、主語は単数扱い(one)ですからbe動詞はisですね。

*映画館での鑑賞という意味ではsee、自宅での鑑賞であればwatchでもOKです。

 

(7) Playing outside with my kids is the best way to get a tan.

「〜すること」という意味で主語に動名詞を用いたもの。the best way to doで「〜するための最良の方法」という表現になります。不定詞が形容詞として名詞wayを修飾したものです。

*get a tan(日焼けする)

 

(8) It was starting to rain outside.

他動詞startの目的語には不定詞と動名詞の両方使えますが、今回のようにstartが進行形になった場合、重複を避けるために不定詞to rainが好まれます。

 

(9) I still remember changing my children's diapers.

他動詞remember+動名詞「〜したことを覚えている」という意味です。

不定詞を目的語に用いると「〜するのを覚えている」(=忘れずに〜する)となり、不定詞に含まれる未来志向のニュアンスを含んだ意味になります。

*副詞still(まだ〜)

*名詞diaper(おむつ)

 

(10) You'll get used to living there.

get used to+動名詞「〜することに慣れる」

このtoは前置詞のため、後ろは名詞または動詞を名詞化した動名詞が正解です。

 

 

英作文で復習

今日のクイズの問題を口頭で英語に直してみましょう。

(1) 彼女の夢はヨーロッパ中を旅することです。

(2) ゲーム会社に就職するのは難しいですか?

(3) 彼女が家の掃除を僕に頼んできました。

(4) 始発のバスに乗るために、私たちは明日、早く起きます。

(5) サーフィンのやり方を私に教えてくれませんか? 

(6) 私の趣味の1つは映画鑑賞です。 

(7) 子どもたちと外で遊ぶのは、日焼けの一番の方法だ。 

(8) 外は雨が降り始めていました。

(9) 子どもたちのおむつを交換したことをまだ覚えているよ。

(10) そこで暮らすのも慣れるよ。 

 

 

Thanks for reading!

 

DVD好評発売中!『動画でわかる!Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル』

 


【動画でわかる! Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル】Lesson11_①冠詞(※試聴版)