エビンズワーズ

ロングセラー著者であり英語塾を主宰する講師エビンの英語情報&英文法学習ブログ *叱咤激励、ご質問、ご相談など、ご自由にコメント欄に残してください。

日本人の誤用例クイズReview #171-175

Hi, みなさん、Evineです。

 

出張の翌日は俄然やる気になるタイプです。

今日から気温が下がりましたね、寒いです。

明日から私立入試直前対策になるためこちらも体調を万全にしたいところです。

 

今回は日本人のよくある誤用例クイズの復習にチャレンジです。

 

twitter.com

 

 

誤用例クイズReview #171-175

 

#171

I couldn't apply for the job because my age(年齢のせいで、私はその仕事に応募できませんでした)

 

#172

We went skiing to New Zealand.(私たちはニュージーランドにスキーをしに行きました)

 

#173

I apologized Ann for putting a lot of pressure on her. (アンにかなりのプレッシャーを与えたことを謝った)

 

#174

I passed the university.(大学に受かりました)

 

#175

I should be getting old. I forgot what I was going to say.(きっと歳とってきてるんだ。何を言おうとしていたのか忘れちゃったよ)

 

 

f:id:evine:20191127181309j:plain



答え合わせ

#171 
(×)because (○)because of

because(なぜなら〜)は接続詞で、my ageという名詞句は後ろに置けません。前置詞句としてbecause of+名詞(〜のために)にすればOKです。

 

#172
(×)to (○)in

前置詞toは移動し到達を示唆することになり、まさにニュージーランドへスキーをしながら行く響きになり不自然です。ニュージーランドの中でスキーを楽しむわけですから場所を示す前置詞はinが正解です。

 

#173 
(×)Ann (○)to Ann

apologize(謝罪する)は自動詞で、謝罪相手の前にはto、何に対しての謝罪なのかをforで表現します。

 

#174
(×)the university(○)the exam for the university

passed the universityは「大学を通り過ぎた」の意味です。もう少し詳しく「その大学に受かった」=「その大学の試験に受かった」と考えると自然な表現になります。前置詞はforを用います。

 

#175 
(×)should(○)must

助動詞shouldは基本的にポジティブな状況で用いら、今回の文意には合いません。一方、mustは状況に関係なく、何らかの根拠を持って「きっと・・だ」という「推量」用法で用いることが可能です。

 

正解文のチェック

#171

I couldn't apply for the job because of my age(年齢のせいで、私はその仕事に応募できませんでした)

 

#172

We went skiing in New Zealand.(私たちはニュージーランドにスキーをしに行きました)

 

#173

I apologized to Ann for putting a lot of pressure on her. (アンにかなりのプレッシャーを与えたことを謝った)

 

#174

I passed the exam for the university.(大学に受かりました)

 

#175

I must be getting old. I forgot what I was going to say.(きっと歳とってきてるんだ。何を言おうとしていたのか忘れちゃったよ)

 

 

Thanks for reading. 

www.mag2.com