エビンズワーズ

ロングセラー著者であり英語塾を主宰する講師エビンの英語情報&英文法学習ブログ *叱咤激励、ご質問、ご相談など、ご自由にコメント欄に残してください。

They're、 Their、Thereの混同

Hi, みなさん、Evineです。

 

初心者にとって、1つの課題になるのが名詞や代名詞の扱い方ですね。

今日は定番の3つです。

 

 

 

They're、 Their、Thereの区別

 

代名詞の活用の話になるといつも話題になるのが、

 

They're

Their

There

 

この3つです。

いずれも発音は基本的に「同じ」なのが厄介です。そんな時は文法的に区別します。例文でチェックしましょう。

 

(a) They're working hard this month.

(b) Don't choose your running shoes just because of their looks.

(c) There are many guests in that room.

 

 

人称代名詞

 

(a) 「彼ら(彼女たち)は今月仕事を頑張っています」

He/Sheの複数形で主格の人称代名詞Theyで「彼らは」「彼女たちは」の意味で使われています。

 

ここではThey are = They'reと短縮形になっています。

 

(b) 「ただ見た目で、ランニングシューズを選ぶのはやめなさい」

 

名詞looks(見た目)が何の見た目なのかを示す「〜の」という意味で用いる所有格の代名詞their(それらの)です。

主格they → 所有格their

 

前半でshoes(靴)の話をしてますから、「靴の見た目」=「それ見た目」と考えます。靴は基本的に複数形shoesで扱うため「それらの」と考えてtheirとします。

 

There is/are ~の表現

(c) 「その部屋にはたくさんのゲストがいます」

 

theyとtheirは仲間ですが、thereは別表現ですね。

人や物事の「存在」を示し「○○がある、いる」という意味で使われ、この例文ではmany guestsが部屋にいることを示したものです。

 

ただし、相手にとって初耳の情報(名詞の存在)に用いる表現ですから、所有格の代名詞や定冠詞theなどと一緒には使えません。

 

「そのシャツが僕の部屋にあったんだ」

(×)There was the shirt in my room.

(○)The shirt was in my room.

 

「そのホテルにトムがいたんだ」

(×)There was Tom in the hotel.

(○)Tom was in the hotel.

 

the、your、固有名詞(ここではTom)などは特定された名詞として扱われ初耳の新出情報にはなりません。その場合は、There is/areではなく直接、それを主語に用いましょう。

 

 

They're vs. Their vs. There クイズ

 

They/Their/Thereのうち、文法的に正しい形を空所に入れましょう。ただし、必要に応じてbe動詞との短縮形で答えましょう。*日本語があれば参考にしてください。

 

1. These pants don’t fit me. (          ) too small.

 

2. (          ) a grocery store across the street. I’ll go get you something. (通りを渡ったところにスーパーがあるんだ。何か買ってきてあげるよ)

 

3. (          ) mom rarely texts them back. (彼らのお母さんはめったにメールの返信をしません)

 

4. (          ) still some cake in the fridge. (冷蔵庫にまだケーキがあるよ)

 

5. I have friends. (          ) parents teach at school.

 

6. I’ll text you when I get (          ). (そこに着いたらメールします)

 

7. Takashi's parents are not here. (          ) in Hawaii now. 

 

 

クイズの答え合せ

 

1. These pants don’t fit me. They’re too small. (このズボンは私には合いません。小さすぎます)

These pants = They。They are = They're(それらは〜だ)。

 

2. There’s a grocery store across the street. I’ll go get you something. (通りを渡ったところにスーパーがあるんだ。何か買ってきてあげるよ)

There is = There's ~(〜がある)

 

3. Their mom rarely texts them back. (彼らのお母さんはめったにメールの返信をしません)

「彼らの(名詞)」Their+名詞

 

4. There’s still some cake in the fridge. (冷蔵庫にまだケーキがあるよ)

There is = There's ~(〜がある)

 

5. I have friends. Their parents teach at school. (私には友人がいます。その友人たちの両親は学校で教えています)

friends = them。目的格themが2文目では名詞の前に置く所有格の代名詞Their(彼らの・彼女たちの〜)にしたもの。

 

6. I’ll text you when I get there. (そこに着いたらメールします)

there自体に副詞として場所を表現する場合があります。there(そこに、で)

 

7. Takashi's parents are not here. They're in Hawaii now. (タカシの両親はこちらにはいません。彼ら[彼の両親]は今ハワイにいます)

Takashi's parents = They。They are = They're(彼らは〜だ)。

 

 

感覚で選ぶのではなく、理屈(文法)も大切です。

That's all for today.

Thanks for reading.

 

f:id:evine:20191011002527p:plain