エビンズワーズ

ロングセラー著者であり英語塾を主宰する講師エビンの英語情報&英文法学習ブログ *叱咤激励、ご質問、ご相談など、ご自由にコメント欄に残してください。

よくある質問「単語の覚え方」について思うこと。

Hi, 皆さん、Evineです。

 

仕事柄、「どうやって単語を覚えたらいいですか」という質問をよく頂戴します。

方法云々の前に、本音を話せば、「単語の覚え方」の質問をしている時点でまだ英語の学習は進んでいないということ。

 

たいしてやってないうちから出てくる質問が実は「単語の覚え方」云々です。

 

人間誰でも普通の健康体であれば単語は自然に覚えていきます。覚えられないのは触れていない、発していないだけです。

 

単語の覚え方で悩むよりも、アウトプットに必要な会話の場面を意識した英文法の学習が最優先です。英文法を優先したとしても、そのマテリアルは英文ですから、その中で未知語の意味や発音を覚えていくわけです。何らかの学習目的をセットして、それに向けて進めばその都度必要なスキルは向上していくものです。

 

単語の暗記を目的にするのではなく、別の目的を目指す中でついでに単語を覚えるイメージです。

 

f:id:evine:20200605174024j:plain

 

繰り返しますが、

普通の英語学習で、「さあ、まずは単語だという考え方」に縛られない方がいいでしょう。

英語に触れる、英語を話す中で常に単語と接するわけですから、単語の覚え方で悩むことは本来ありません。洋書は厳しいですが、日本語訳つきのもので最初は進めていけば、乱暴な言い方ですが、勝手に必要な単熟語は覚えます。

 

ただし、例外もあります。

TOEICや英検など検定試験において、上位レベルを目指す場合、自分の生活圏の中で馴染みのない英単語や熟語も多くなり、普段の英語学習で触れる機会も少ないため、別個で短期集中的に覚えたほうがいいでしょう。

ご自身のビジネスの中で会社や分野によって異なる業界用語なども最初に覚えた方が業務効率は上がります。

 

単語の覚え方も単語レベルによって、この難単語がどうしても頭に入らないといったケースはありますが、初中級者が抱える単語の覚え方の悩みは悩まなくて良いものです。それよりも普通に英語に触れていけばOKです。頭に入らないものは最終的に残っていきますから、それは改めて集中して接頭語・語幹・接尾語などをヒントに覚える努力をすればいいでしょう。

 

なお覚えること自体は自然に覚えますが、アウトプットを考えずに英語学習をした場合は、適切な使い方もわからないまま英単語の表面的な意味だけが身についてしまいます。それでは、実践では役に立ちません。

 

常に実際に使うことを想定した英語学習を心がけることが大前提です。

 

 

Thanks for reading.

evine.hatenablog.com